忍者ブログ

urban4-blog

北海道大学大学院工学研究科 「都市地域デザイン学研究室」の学生によるブログです。

2015.02.18
冬も後半を迎えましたが、札幌では暴風雪となるなど、
まだまだ厳しい季節が続きそうです。

さて、そんな荒天の翌日2月16日には
卒業設計
選抜レビューが鈴木章ホールにて行われました。
我らが4講からは、

岩国


北原


そして私

がもう一度発表の機会を頂き、2週間製図室にこもって
各自の案をブラッシュアップしていきました!

無事に3人とも発表を終えることが出来、
北原は学外出展の推薦を頂くことが出来ました!

差し入れやアドバイスを下さった先輩方、

相談に乗ってくださった瀬戸口先生、小篠先生、
そして応援してくださった全ての方々に
この場を借りてお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました!!

今後も卒計展の出展があり、
もうしばらく卒計を考えることになりそうですが、
ひとまず4年生の過程を全て終えてほっとしています。。


ちなみに岩国と北原は選抜レビュー翌日から
卒計発表のためにハバロフスクへと旅立ちました!
次回はロシアの報告?をお楽しみに!


学部4年 渡邊

PR
2011.06.16
 4講サーバー係の高橋です。
再びblog上での業務連絡失礼します。

二週間ほど前からHPへの外部からのアクセスができない状態が続いていましたが、解決致しました。
サイト来訪者や各方面の関係者にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。


修士 2年 高橋
2010.01.01
新年あけましておめでとうございます。

旧年中は、皆様からの暖かいご指導、ご支援の下、
無事に一年を研究室として乗り切る事が出来ました。

本年は、小林教授の退官の年に当たり、大きな区切りを迎えます。
また昨年の政権交代から時間が経ち、変化の余波が現れる年でもあり、
これからの建築・都市を具体的に実現させていく時期がますます迫って来ています。

そうした内側、外側両面での変革を感じ取りながらも、
これまで通り研究室一丸となって、諸先輩方の伝統を引き継ぎ、
ワールドワイドに新たな提案、発信を行っていく所存でございます。

日頃お世話になっております皆様、OB/OGの皆様におかれましては、
変わらぬご指導ご鞭撻を賜りたくお願い申し上げると共に、
さらなるご活躍、ご発展を祈念いたしております。

本年も北海道大学都市地域デザイン学(小林)研究室【4講】を、
よろしくお願い申し上げます。


平成22年 元日

北海道大学
大学院工学研究科
都市地域デザイン学研究室 一同
2009.12.10
都市地域デザイン学研究室の公式ホームページをリニューアル致しました。

http://urbanserver2-as.eng.hokudai.ac.jp/index.html



これまでのホームページについては
「学生中心の情報になってしまっている」
「新たな情報が蓄積されて行かない」
「博士論文を閲覧する事が出来ない」
といった指摘を受けており、改めてホームページを設ける目的を確認するとともに内容の更新に至った次第です。

ホームページを設ける目的としては
「教員・学生(ドクターから学部生まで)・外部との連携を含む研究室としての、理念に基づいた現在の活動とこれまでの活動や実績を外部に向けて発信するとともに蓄積していく」
ということを再確認し、内容についても

・研究室の理念(→Outline)の再確認
・理念に基づき様々な主体と連携しながら行われる活動と実績(3名の教員それぞれ)の開示(→Activities)
・研究活動の足跡のストックと開示(→Research)
・それら活動の最新情報のインデックス(→News)
・小林先生の教育理念を反映し学生と行う活動の紹介(→Study)
・英語版サイトの充実

といった形に再編致しました。

それに加え閲覧者からのレスポンスに応えられるよう、各項目ごとの担当責任者のアドレスを掲載していく予定です。

最後に、当ブログはホームページの改編により
「研究室の日常的な出来事やイベントについてのお知らせとともに学生(個人ではなく)としての感想や学んだ事を紹介するためのもの」
であるという位置付けになります。

今後ともご愛顧宜しくお願い致します。

修士2年 南
2009.07.19
展示会のお知らせです。

昨年東京で日本建築学会主催で開催された、
「アーキニアリング デザイン展」の札幌への巡回展が、
本日7月19日から来週25日までの一週間、
北海道大学 遠友学舎にて開催されています。

開催時間は
19、20日 9:00~17:00
21日以降 9:00~18:00 です。

全国から集められた構造的に優れた作品の模型展示のほか、
北大の3年生が設計演習課題で製作したマスターピース模型選抜作品9点もあわせて展示しております。

詳しくは、下記pdf(1.06MB)をごらんください。
http://news-sv.aij.or.jp/hokkaido/INFO/2009/archineering2009.pdf
また、期間中には講演会も企画されておりますので、
ぜひご確認ください。


修士二年 湊
 HOME : Next 
プロフィール
HN:
北海道大学大学院 工学研究科 都市地域デザイン学研究室
ブログ内検索

urban4-blog wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]