忍者ブログ

urban4-blog

北海道大学大学院工学研究科 「都市地域デザイン学研究室」の学生によるブログです。

2009.10.24
北海道の気温も徐々に下がり、秋から冬の訪れを感じ始めるとともに、銀杏並木もきれいに色づいてきました。

さて、10月19日から23日まで、工学部教養実験棟(新建築棟)にて、日本設計が主催する、「環境創造の系譜」展が開かれました。



今回の展示会は、学生との交流を一番の目的として、日本設計の北大出身のOBの方々が中心となって企画をしてくださいました。

初日には、[「環境創造の系譜」開催にあたって]ということで、研究室のOBでもある長堀嘉一さんからご講演をいただきました。
長堀さんには、日本設計が取り組んできた「環境」といった言葉の意味や、今回展示を行った作品の紹介をして頂きました。

また、最終日には[日本設計における環境エンジンニアリングの展開―建築・都市・地球―]ということで、北大の衛生工学科出身の佐藤信孝さんからご講演をいただきました。
佐藤さんには、近年世界的に地球温暖化対策が合意される中、それを受けて建築分野では室内〜建築〜都市といったスケールで、どのように環境に配慮した実践を行っていくのかということの視点を、携わった建物、海外事例などを取り上げながらお話し頂きました。



今回の展示会の締めくくりと、懇親会の開催に当たって、北大建築史意匠学研究室OBの許士豊史さんからご挨拶をいただきました。



そして、懇親会では、建築学科に入ったばかりの二年生から修士二年までの学生が参加し、今回北大に足を運んで頂いたOBの方々とお酒を交えながら、実務の話や学生時代のエピソードなど、たくさんのお話を聞かせて頂きました。



北海道の学生にとっては、どうしても道外の状況や、道外で活躍されているOBの方々とお会いする機会が少なくなってしまいがちです。その中で、今回のような「交流」をテーマとした企画を開いて頂けたことは、先輩方の姿を見ながら、個々人が北海道大学で建築を学んで社会に出ることの意識を確認するとともに、将来のイメージを描いていく上でも非常に貴重な体験をさせて頂きました。

今回の展示会を企画して頂いた日本設計の皆様、本当にありがとうございました。

展示自体は、新建築棟にて28日まで引き続き行われていますので、まだご覧になっていない方は是非足を運んでみて下さい。

修士二年 今、南
PR
Trackback
この記事のトラックバックURL:
  BackHOME : Next 
プロフィール
HN:
北海道大学大学院 工学研究科 都市地域デザイン学研究室
ブログ内検索

urban4-blog wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]